2009年02月17日

村上春樹氏がエルサレム賞を受賞。可能な限り多くの英文を紹介。

村上春樹氏が、二年に一度、イスラエルで行われる国際ブックフェアで、エルサレム賞を受賞しました。このエルサレム賞は個人の自由や尊厳などをテーマに世界的に活動している作家に贈られる賞だそうです。
選考委員会は「(彼の)作品は日本文化と現代西欧文化を独特の方法で融合させている。読むのは簡単だが、理解するのは簡単ではない」と評したそうです。

訳はけっこういいものも出ているので、ここでは、エルサレム・ポストに掲載されたもっとも長い抄録、そこでは見られない内容を含むAP通信伝、JAPAN Today Web版を合わせて掲載したいと思います。

村上氏はイスラエルのガザ侵攻を批判する内容のスピーチを行い、「常に、システムではなく、一個人の側に立つ作家」でありたいと述べたそうです。また、「1つだけ皆さんにお伝えしたいことがある。われわれは皆、国籍や宗教を越えた存在であり、壊れやすい卵だ。今、われわれは高く、強く、冷たい壁に直面し勝てそうもないように思える。しかし、人間のユニークさかけがえのなさ、ともに行動することによって得られる温かさを信じるべきだ」と述べたそうです。(「1つだけ〜」の箇所はNHKから引用したものですが、『国籍や宗教を超えた存在』という表現は英文では見つけられませんでした。)

全文はエルサレム・ポストです。AP通信、Japan Today Web版を引用している箇所は、直前の段落のエルサレム・ポストと対応していると思われます。

"So I have come to Jerusalem. I have a come as a novelist, that is - a spinner of lies.

"Novelists aren't the only ones who tell lies - politicians do (sorry, Mr. President) - and diplomats, too. But something distinguishes the novelists from the others. We aren't prosecuted for our lies: we are praised. And the bigger the lie, the more praise we get.

"The difference between our lies and their lies is that our lies help bring out the truth. It's hard to grasp the truth in its entirety - so we transfer it to the fictional realm. But first, we have to clarify where the truth lies within ourselves.

"Today, I will tell the truth. There are only a few days a year when I do not engage in telling lies. Today is one of them."

"When I was asked to accept this award," "I was warned from coming here because of the fighting in Gaza. I asked myself: Is visiting Israel the proper thing to do? Will I be supporting one side?

AP通信伝では以下のように伝えられている。
"After receiving notice of this award I asked myself whether traveling to Israel at a time like this and accepting a literary prize is a proper thing to do and whether this creates the impression I supported one side in the conflict and that I endorse the policies of a nation that chose to unleash it's overwhelming military power. Neither of course do I see my books subjected to a boycott.


"I gave it some thought. And I decided to come.

AP通信伝では以下のとおり。
Finally however, after careful consideration, I made up my mind to come here.


Like most novelists, I like to do exactly the opposite of what I'm told. It's in my nature as a novelist.

AP通信伝では以下のとおり。
One reason for my decision is that all too many people advised me not to do it, like many other novelists I tend to do the exact opposite of what I am told, yeah..." (crowd clapping)


Novelists can't trust anything they haven't seen with their own eyes or touched with their own hands. So I chose to see. I chose to speak here rather than say nothing.

"So here is what I have come to say."

AP通信伝では以下のとおり。
"I choose to come here rather than stay away. I chose to see for myself rather than not to see. I chose to speak to you rather than to say nothing. So please do allow me to deliver a message, one very personal message. It is something I keep in my mind, always keep in my mind while I am writing fiction. I have never gone so far as to write it on a piece of paper and paste it to the wall, rather it is carved into the wall of my mind.


"If there is a hard, high wall and an egg that breaks against it, no matter how right the wall or how wrong the egg, I will stand on the side of the egg.

AP通信伝では以下のとおり。
It goes something like this - between high solid wall and an egg (that) breaks against it I will always stand on the side of the egg. No matter how right the wall may be, how wrong the egg I will be standing with the egg."


"Why? Because each of us is an egg, a unique soul enclosed in a fragile egg. Each of us is confronting a high wall. The high wall is the system" which forces us to do the things we would not ordinarily see fit to do as individuals.

Japan Today Web版では以下のとおり、または以下のように続く。
The system "sometimes takes on a life of its own and it begins to kill us and cause us to kill others coldly, efficiently and systematically."



"I have only one purpose in writing novels." "That is to draw out the unique divinity of the individual. To gratify uniqueness. To keep the system from tangling us. So - I write stories of life, love. Make people laugh and cry.

"We are all human beings, individuals, fragile eggs." "We have no hope against the wall: it's too high, too dark, too cold. To fight the wall, we must join our souls together for warmth, strength.

Japan Today Web版では以下のとおり。
"We are all fragile eggs faced with a solid wall called the system....To all appearances, we have no hope...the wall is too high and too strong...If we have any hope of victory at all, it will have to come from our utter uniqueness."
"Each of us possesses a tangible living soul. The system has no such thing. We must not allow the system to exploit us."


We must not let the system control us - create who we are. It is we who created the system."

"I am grateful to you, Israelis, for reading my books. I hope we are sharing something meaningful. You are the biggest reason why I am here."


以下のサイトを参考にしました。
NHKニュース
YOMIURI ONLINE
asahi.com
エキサイトニュース
ITmedia(各サイトへのリンク)
Kittens flewby me(ハルキ風に翻訳したスピーチを掲載しているブログ)
Japan Today Web版(エルサレムポストにはない(あるいは違う表現の)スピーチ分を合わせて報道)
「エルサレム・ポスト」に基づいて、TBS、Japan Today web版、中国新聞をあわせて段落ごとに翻訳しているブログ
しあわせのかたち(AP通信伝を含めた形で翻訳を掲載しているブログ)
AP通信伝(授賞式の映像の模様をテキストで伝えていると思われる)
guardian.co.uk
地元エルサレムポストの記事(講演の要旨を含む)
一斗缶(講演の訳が掲載されているブログ)
中国新聞(講演の要旨を掲載)
TBS
posted by ごとうp at 20:08 | Comment(3) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
すばらしい情報です。
ありがとうございました。
Posted by Masa at 2009年02月18日 04:01
まさに同じく。すごい情報だと思いました。
言葉って恐い。
Posted by がんがん at 2009年02月18日 12:25
>Masa
何かの役に立てばうれしいです!メディアとしてのブログの役割を果たせていればなおのこと。

>がんがん
どこが正しいとかではなく、それぞれが自分たちに出来る最大限のことをやっているのかなと思いました。AP通信とJapan Todayはそれぞれ、スピーチの著作権を持っていないから全文を載せることは出来ない分、エルサレム・ポストにない部分を載せる努力をしているのかなと思うし。
その分、いろんな情報に触れることも大事だなと思いました。
ただ、AP通信が一番、村上らしい英語だなと思いました。
Posted by ごとうp at 2009年02月18日 19:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/114401006

この記事へのトラックバック

村上春樹氏、エルサレム賞受賞スピーチで
Excerpt: 昨日(日本時間:2009年2月16日)、ありとあらゆる!?報道番組やニュースで村上春樹氏の「エルサレム賞受賞式」での村上氏本人の受賞スピーチが話題になっていました。いわゆるイス...
Weblog: コンサルタントの浅知恵
Tracked: 2009-02-18 08:38
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。