2012年03月11日

海に想い、海に願う 3.11から1年



 東日本大震災から1年がたちました。改めて被害に合われた方々に、心よりお悔みとお見舞いを申し上げます。

 地震と津波が与えた多くの被害は1年たった今でもそのままのものがたくさんあるかと思います。また今日このときにも34万人以上の方々が避難所生活を続け、自宅から遠く離れた場所での生活を強いられている方もたくさんいるかと思います。

 震災は過去のものではなく、今現在も続いているものです。それらが1日も早く建設と希望という未来へつながるよう、願っています。またそのお手伝いをしていきたいと思っています。
posted by ごとうp at 19:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | message | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

季節を旅する

 ここ数年、僕の人生はちょっと不思議なことになっています。いや、ひょっとしたらさして不思議ではないのかもしれない。けどいまだに、僕にとっては海外に行くということは、どことなく気持ちをセンチメンタルにさせる大きなことなのです。

 2009年から2012年の今年まで4年間、毎年1月末にアメリカに行ってます(本当は2003年からなんだけど)。それぞれフロリダ、ラスベガス、サンアントニオ(テキサス)、サンディエゴ。これらに加え、南カリフォルニアにもいつも立ち寄ってます。アメリカの南部ってのは1月末なんかに行っても、あったかいんですね。けど夜になるとそれなりに冷え込むので上着が必要だったり時にはダウンジャケットが必要になります。

 2010年夏にはカナダのバンフというところに行きました。夏とはいえ、カナダでも有数の避暑地であるバンフは春のような陽気を日中は見せ、夜になると真冬のように寒くなります。ダウンジャケット必須でした。山には雪もまだ残ってましたしね。

 2011年2月にはオーストラリア。当然南半球ですから真夏です。その年の夏には中国へ。非常に暑かったです。そして今、2012年の2-3月もオーストラリアです。暑い。

 だらだらと、「あそこに行った、ここに行った」と書いたのは僕の季節感のなさを皆さんにお伝えしたいがためです。たとえば2010年の頭から僕の体感季節を追ってみると、冬(日本)→初夏(アメリカ昼)→冬(アメリカ夜)→冬(日本)→春→夏→春(カナダ昼)→冬(カナダ夜)→夏(日本)→秋→冬→冬(日本2011年)→初夏(アメリカ)→秋(アメリカ夜)→冬(日本)→夏(オーストラリア)→冬(日本)→春。。。
 
 このようになるわけです。少ししつこかったでしょうか。「冬は必ず春となる」とは去年の震災発生の頃に避難所に掲げられて多くの人が知ることになった日本の賢人の言葉ですが、なかなかなりません。いや、むしろ春を飛ばすケース多すぎです。

 こんだけあちこちを旅してると「体が慣れるのが大変だろう」と思われるかもしれませんが、それは意外と大丈夫なのです。1日もいればなれます。また「今自分はどこにいるんだっけ?」なんてこともあまり思いません。言っても海外にいるのは1週間から2週間以内のものなのでその感覚を失うことはありません。

 ところが日本で、冬を過ぎて春に向かう頃などに外を歩いていると、ふと「ああ、これから寒くなっていくのかな」なんて思うことがあるのです。秋の日のたまたま暖かい日でも「ああ、これからどんどん暑くなっていくのだなあ」などど夢想して自分に「はあ?」と思うことがあります。海外で外を歩いていると「えーっと、これから季節はどのように進むんだっけ?」などと思うわけです。春→夏→秋→冬と思う通りに進まないと季節感が損なわれるというか、季節の進行方法がわからなくなるのです。

 世界中を飛び回っているようで、その本質は季節を飛び回り、時空を超えて、まるで目が回ってどちらに進んでいたのかわからなくなるのです。

 今年の夏から秋(どこのかって?日本のです)にかけてはサラエボとイスラエルに行くことになりそうです。この分では来年の1月末のアメリカはさすがに無理かなあという感じですが、はてさて、まずはサラエボとイスラエル。どんな季節が僕を待ってくれているんでしょうねえ。
posted by ごとうp at 00:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | message | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月09日

@honz_jp のばかやろう!

 honzというサイトをご存知でしょうか?本好きの間ではかなり有名になりつつあるサイトです。これは元マイクロソフト社長の成毛さん(読み方なんだっけ)が立ち上げたノンフィクションの本の書評を掲載するサイトです。

 このサイトで本が紹介されるとあっという間にamazonから在庫がなくなり、マーケットプレイスでは高額の値段がつけられて取引されたりと、とにかく話題のいわくつきのサイトなわけです。

 ぼくはこのサイトを立ち上げ当時から知っており、定期的に見ていました。しかしながらテレビを見ないというのは大量の時間を人に与えるもので、いっちょ本腰を入れて、読みたい書評はすべて読むかと思い立ったわけです。

 ところが、とにかく紹介している本が面白い。そして書評も面白い。一つの書評から複数の他のおすすめの書評に飛べる仕掛けになっており「あれも、これも」とリンクを開いていたら、一時はなんとfirefoxのタブ数が悠に50は超えました。

 ただ書評を読むだけではもったいないので、いいなと思ったフレーズをtwitterに流し(僕のフォロワーの方はいささかうんざりしたかもしれません)、これは実際に本を読むべきと思ったものは、「つんどく」というノートをevernoteに作り、クリップもしました。

 その結果、なんと99もクリップしてしまったのです。一年かかっても読めないと思います。Honzのばかやろう!!

 しかしながら、ぼくはまだクリップしただけで実際に読むかわかりませんが、twitterではhonzのせいで本を買いすぎた、お金がない、とhonz被害者の会が有形無形に結成されるほどの白熱っぷりなわけです。

 本好きなら読んで損はないサイトです。買いすぎて損する可能性はありますが。。。
posted by ごとうp at 20:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | message | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月27日

乳がんの母に、9歳の男の子が言った深いい話

 S新聞に掲載されていた読者からのメッセージが深いいだったので紹介します。

以下引用

 17年前、乳がんの手術後の抗がん剤治療により、大量の髪の毛が落ちたことがありました。ところが「こんなに抜けちゃった」と落胆する私に、当時9歳の長男が
 「おめでとう、よかったね」と拍手して言うのです。

 「どうして?」と聞くと、「だって髪の毛が抜けたってことは、お薬が効いてきたってことでしょ?そうしたら母さんは元気になれるもん」と。

 その言葉に胸が熱くなり、うれし泣きして息子を抱き締めました。それで勇気百倍に。つらい治療が続いても、息子の言葉を思い出し、頑張ることができました。

 その息子も今は社会人となり、悪戦苦闘の毎日。「あんなすてきな励ましができなあなたなら、大丈夫!」と伝えたいと思います。
posted by ごとうp at 20:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | message | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月16日

「優位性の幻想」って幻想なのか?

 10月号のクーリエジャポンを読んでいて「優位性の幻想」という言葉が出てきました。簡単に言うと、これは「自分はあることを平均以上にはうまくできる」と「誤って」考えている、ということを指します。

 なぜ誤っているかというと、この優位性の幻想はほとんどの人に見られる傾向なのですが、ほとんどの人が平均以上にうまくできるというのは、「定義上」ありえないからです。

 この現象は心理学の世界では非常に有名で(平均以上効果とも呼ばれます)ぼくもこれまで当たり前のことと捉えていました。しかし、ふとおかしなことに気づきました。

 クーリエジャポンでは以下のような例が紹介されています。
「対人能力において自分は平均以上だと答えた受験生が85%」
「リーダーシップについては70%」
「スポーツでは60%が自分は平均より優れていると答えた」
「別の調査では、車の運転技術を自己評価したドライバーの80%が、自分は全体の半数より優れていると答えている」

 まず上の三つに関しては、少々例が卑怯だと思います。なぜって、受験という環境で自分をよく見せたいという欲求と、よく見せなければいけないという規範的プレッシャーがかかっているからです。かならずしもそうは思っていなくでも「平均よりは上」と答えてしまった人が多くデータに含まれているのではないでしょうか。

 比較的受験に関係なさそうなスポーツが一番低いのもそういう理由だといえそうです。それでもやはり平均を上回っているので「優位性の幻想」というものは存在しそうです。

 さてそれではそろそろ本題です。平均の定義について考えて見ましょう。平均というのはそれぞれが何らかの事柄に対してある値をもっており、その値をすべて足し合わせ、その値を持っている人の数で割ったもののことです。たとえば10人の生徒がいて、5人の身長が150センチ、残り5人の身長が160センチであったのなら、平均は155センチとなります。ここで、仮に6人の生徒が「僕は平均より身長が高い」と言った場合、少なくともそのうちの一人は優位性の幻想をおかしている可能性があります。

 では次のような場合を考えてみましょう。10人の生徒の身長はそれぞれ、140,145,140,150,155,155,160,160,160,165です。この場合の平均はそれぞれの身長を足した1530を10で割るので、153センチということになります。そして先と同様に6人の生徒が「僕は平均より身長が高い」と言ったとしましょう。この場合、だれか優位性の幻想をおかしている人はいるでしょうか。153センチより身長が高い人は確かに6人ですのでみな正しく自己を認識しているようです。優位性の幻想は幻想なのでしょうか。

 統計学では十分に大きな数のサンプルを取り、それを小さいほうから大きいほうへ順に並べたとき、値の分布は正規分布をとると仮定します。正規分布とは平均点付近の値をとる人が最も多く、平均点から離れるほど、その値をとる人が少なくなる分布のことを言います。

 そのような正規分布になっているかぎりは、「優位性の幻想」というのは確かに存在しそうですが、先に示した例のように一見平均付近の人が最も多く見える場合でも、優位性の幻想が存在しない場合はたくさんあるのです。したがって平均以上を基準点としている限り「優位性の幻想」は幻想であるといえそうです。

 ちなみにあらゆる調査ではランダムサンプリングが絶対の原則となっています。ランダムサンプリングとは調査対象者をランダムに選ぶという意味です。先に述べたように受験生に自己評価もとめるなんてやり方は極めて偏ったサンプルの仕方だといわざるを得ません。これでは「人は一般に自分が平均よりも優れていると考えている」ということを示しているのではなく、「実質にかかわらず良く評価されることが後の良い結果をもたらす場合は自分をよく言う」という当たり前のことを示しているに過ぎません。まして自分のことを好意的に評価すること自体が評価されるアメリカ社会では非常に当たり前の結果でしょう。

 正規分布のところでも少し触れましたが、調査のもう一つの重要な点として「十分な大きさのサイズ」があります。しかしこの「十分な大きさ」の定義が難しく、実際には物理学の「摩擦のない世界」のように「十分な大きさの参加者が入る小さな実験室」が仮定されています。

 さて、テストの点、リーダーシップやスポーツの能力、あるいは運転技術などについて「十分な大きさ」のサンプルから値を集めたとき、もし正規分布ができるのなら、人々の自己認識も正規分布しないのでしょうか。もししないのなら「優位性の幻想」は確かに存在するといえますが、もしするのなら、結局「優位性の幻想」は「統計的幻想」ということになるのかもしれません。
posted by ごとうp at 23:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | message | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月05日

上海で客引きと

 「どこか探しているのか?」

 友人二人と別れた後、そのまま帰るのもなんなのでふらふらしていた僕に、“兄ちゃん”は突然、英語で話しかけてきました。

 身なりは普通で、iPodらしきものを手に持っていました。僕はただの親切な兄ちゃんかと思って、

 「いや、なんでもないんだ」
と答えました。

 すると、兄ちゃんは僕の隣に、警戒感を抱かせない絶妙な距離で座り、僕が開いていたガイドブックを覗き込みました。

 「何を探しているんだ?」
僕は観念して、
 「マッサージを探していたんだ」
と答えました。

 すると兄ちゃんはおもむろにiPodケースから、
 「うちの会社のカードなんだ」
と言って渡してきました。初めは、昼間はマッサージ屋で働いている兄ちゃんかと思ったのですが、よく見るとどうも風俗のようです。

 「一時間のマッサージで100元。おっぱいをもみたければもう100元。そして。。。」
と、要求が上がるごとに100元ずつ上がっていくことを事細かに教えてくれました。

 「すまないが、もう帰ろうと思っていたところなんだ」
という僕に兄ちゃんは食い下がってくるので、すこし内情をうかがってみることにしました。

 「みんな学生で、日本語をしゃべる女の子もいる。もしよかったらママさんとしゃべっててもいい。」
となぜか「ママさん」の部分だけ日本語で、そのほかは流暢な英語で僕に教えてくれるのです。
 「ヨーロッパ人も、アジア人も来る。日本人や、韓国人。南アフリカ人も」
 「南アフリカ人??」
二人の間に驚きと、共感の笑みが浮かびます。

 「なあ、なんでそんなに英語が上手なんだい?」
 「会社が教えてくれるんだ」
 「ただで?」
 「そうだ」
 「そして君は給料を受け取る」
 「その通り」
 「いい仕事だね。けど今日は疲れてるし、もう帰るよ」
 「疲れているからこそ、マッサージが必要なんじゃないか」
ともっともなことを言い返されて思わず笑ってしまいます。僕が立ち上がって歩き始めると、一緒に歩いてきてなおも食い下がります。

 「なあ、いくつなんだ?」
 「27歳だよ」
 「同じだ」
客の共感をあおって、安心させて、店に連れて行こうという手だと思った僕は、
 「冗談だろ?嘘をつくなよ。なあほんとは何歳なんだよ?」
 「26歳だ」
照れたような笑顔で彼は、おそらく本当の年齢を教えてくれました。
 「何年この仕事をやってんるだい?」
 「7年だよ」
 「じゃあ20歳のころからこの仕事やってるのかよ?大学は行かなかったのか?」
 「ああ、高すぎるよ」
 「けど、この仕事で金を儲けてるんだろ?」
 「安いもんさ。月でたったの2000元にしかならない」

 友人の話によると、家賃が2000〜3000元、生活費が節約すれば1000元、普通に暮らして3000元、ちょっと贅沢すれば5000元。仮に現地人の彼の家賃が1000元で済んでるとしても、ひと月の生活費で精いっぱいで彼の手元にはほとんど残らないでしょう。

 「なあ、仕事を変えるべきじゃないか?君はこれだけ英語が喋れるわけだし」
 「英語なんて簡単なものだよ。重要なものは知識だ。知識がなければ意味がない。それにこの仕事が好きなんだ。時間が自由だしね」

 彼の発言は本質をついているように思えました。確かに彼の英語は、昼間にキャンパスツアーをしてくれた大学院生と遜色のないほどのものでした。会社で教えてもらったセリフを暗記しているのではなく、まさにコミュニケーションを可能にする生きた英語でした。

 しかし、最新鋭の機器とそれを使う目的を自由自在に説明できる大学院生とは徹底的に知識の量が違うのです。その知識の違いゆえに、兄ちゃんはその機器を見ることも、使うことも、もちろん自分で買えるようなお金を手にすることもないでしょう。

 ホテルの前まで来て、兄ちゃんは言いました。
 「とにかく、そのカードはキープしといてくれ。そして気が変わったら電話をくれ」
 「わかったよ。もし気が変わったら。電話する」
 「なあ、ところでマッサージを探してたんじゃないのか?」
 「ああ、そうだね」
 「ノーマルのか?」
 「そうだね。(君たちの仕事があるから僕が探しているのは)ノーマルの、ということになる」
 「この辺はショッピングモールとオフィス街だ。もしマッサージを受けたいのなら南京東路に行かなきゃ」
 「そうか、ありがとう。明日、言ってみるよ」
 「ああ、じゃあな」
 「じゃあ」

 最後に僕たちは、客と引きの関係ではなくて、同い年の友人として会話を交わした気がしました。僕たちに、必要な知識というものはなんなのでしょう。

 好きな仕事と、知識と、英語。僕たちの未来と将来。
 知識があればよりよい仕事ができるかもしれない。けれど英語が喋れなければその知識を十分に生かすこともできないでしょう。それに英語がわかれば知識を得る可能性も高まるのじゃないか。ただ、お金がないから最初の一歩が踏み出せない。

 そんなことをぼんやり考えながら、僕はホテルの部屋に戻ったのでした。
posted by ごとうp at 19:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | message | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月03日

上海で友人と

 上海に行ってまいりました。上海では、かとう師範大学でかなりExtensiveな心理学実験棟ツアーをしていただきました。そこには分子、脳波、遺伝子、行動などの多方面から人間の行動を探ろうと、合計で数億はするであろうという機器がそれぞれに分かれた個室に設置されていました。

 あれだけの設備は国内では理研と岡崎生理研にあるかないかでしょう。ツアーを行ってくれた学生さんの英語は非常に流暢でした。またツアーをアレンジしてくださった馬さんの話によると設備面では国内では5番目くらいでしょうと言っていました。日本であれだけの設備を備えている場所があるかないかほどなのに、中国では5番目くらいだというのです。中国の底の深さを思い知るとともに、今後の研究成果が待ち望ましいような恐ろしいような気持になりました。間違いなく、あそこには真実の可能性が潜んでいました。

 その後、今後の方向性について話し合い、馬さんとは別れました。

 夜は、上海で仕事をしている高校時代の友人と、大学時代の友人と一緒に食事をしました。

 高校を卒業してから9年、大学を卒業してから4年の月日が流れています。お互いにそれぞれ近況を話し合いながら、なんだか大人になったんだなあと実感しました。

 特に僕はいまだ学生で、2人は社会でしかも海外で働いており、うまく説明できませんが、すごいなあと感心しきりでした。

 考えてみれば不思議な三人で不思議な場所で会ったものです。それぞれがそれぞれの道を歩み、思いがけず上海の町で再会し、なぜかピザを囲んで僕は青島ビールを飲んで、語り合いました。

 やはり学生時代の友人というものはいいもので、それぞれに成長した部分もありながらお互いに何も変わっておらず、久しぶりにリラックスした気分を味わえました。2人もリラックスしてくれたようでよかったです。

 僕にとって上海はとてもモダンで割ときれいでいい街だなと思ったのですが、2人は長くいる場所じゃないと言っていたのが印象的でした。だからと言ってすぐに中国を出ようというわけではないと思いますが、旅行者には見えない、現地で生きているからこその言葉だろうなと思ったのです。

 そして僕たちは笑顔でわかれて、2人は明日の仕事へ、僕は日本に向かったのでした。
posted by ごとうp at 15:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | message | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月16日

iPhone、インターネット、大学教育について

 Wired.jpで「iPhoneは大学教育をどう変えるか:具体例をレポート」という記事が掲載されていました[URL]。

 記事の内容は面白く参考になるところもあったのですが、記事のメインメッセージとは少し違うところにツッコミを入れたいと思います。
 それは今後、ますますiPhoneなどの携帯端末が我々の世界に入ってくるなかで、自覚しておくべき視点だと思うのです。

 まずは気になる箇所を記事から引用
講師が1册の教科書を指定し、これについて講義するような従来型の教室は、時代遅れになりつつある。数年で内容が古くなるであろう「印刷された教科書」に関して、単一の情報源から話を聞くというやり方は、インターネットと比べると固定的で、絶望的なまでに制限されているように見える。インターネットは、数十億という人々が常に提供を続ける、絶え間ない情報の流れへと扉を開くからだ。

 この中の特に「数年で内容が古くなるであろう「印刷された教科書」に関して、単一の情報源から話を聞くというやり方は、固定的で、絶望的なまでに制限されているように見える」という箇所に特に注目していただきたいのです。

 僕は「数年で内容が古くなるであろう「印刷された教科書」」は、正しいと思っています。けどこれは今に始まったことではなくて、1900年代前半を生きたアインシュタインも「先生、今年の試験の問題が昨年のものとまったく同じなのですが!」と質問され、「そうとも。しかし、今年は全部答えが違うよ」と切り返しています。まあTwitterのBOTの発言なので正否は定かではありませんが知識の本質をついています。つまり知識は時と共に移ろい塗り替えられるものなのです。

 しかし、その後の「単一の情報源から話を聞くというやり方は、インターネットと比べると」という箇所は直前の文とは必ずしもつながっていないし、インターネットと比べることでもないと思うのです。
 まず仮に「印刷された教科書が数年で内容が古く」ならなくても、単一の情報源から話を聞くやり方はうまくありません。インターネットは複数の情報源から話を聞くことを可能にするツールではありますが、そのこと自体を促すものではありません。むしろ回答を見つける簡便さから最初の答えに飛びついて他の答えを探さなかったり、複数の「源」から得たつもりの「情報」が実は根拠の無い根無し草。あるいは「源」を書いていないだけで、実はすべて単一の「源」から得られたコピペだった可能性もあるのです。

 いや、そもそも前提に問題があるでしょう。「印刷された教科書」が「単一の情報源である」という前提です。優れた教科書は複数の視点を柔軟に取り入れ、知識を得たことの満足感よりも、さらなる知識欲、好奇心を読者から引き出すもののはずです。

 そのような優れた教科書のもとで行われる教育は、学生に知識以上に問う力と学ぶ力を与えるはずです。知識は往々にして移ろいやすく相対的なものです。大事なのはそれらを見極め、新たに作り出していく力だと思います。アインシュタインが何を言ったか、あるいはアインシュタインが言ったのかどうかではなく、そこから何を知り、問い、考えるかです。

 iPhoneを取り入れた大学教育を行うRenkin教授(専門は中世研究)はこの点をちゃんと踏まえられているようです。以下引用
Rankin教授はいま、教壇に立って1時間話すことよりは、iPhoneを使って関連情報をその場で調べる方法に焦点を当てている。その後学生たちは、見つけた情報について話し合い、Rankin教授は正確で役立つ情報源の選定を手伝うことで会話をリードする。


 僕は大学時代にある教授が言った言葉をしばしば思い出します。
 「教育の目的は、学生が大学という機関を離れたときに自分で自分を教育する力を身につけさせることだ」

 自分の目の前にある知識やツールがどのように変化しても、学び続ける力を身につけた人にとってそのような変化は小さな変化で、教育の本質は変わらないのではないかと思います。


posted by ごとうp at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | message | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月15日

心理学研究に見る「当たり前の結果」

 心理学の研究とは一言で言えば「人間についてよりよく知ること」なんですが、研究者であれ一般の人であれ「人間についてよりよく知ること」はできます。

 そのため、「それって当たり前じゃないですか?」と思われるようなことが心理学の最新の論文に載ることがあります。

 そのような事例を1つ取ってきて、「心理学は既に分かっていることを確かめなおす学問」とか、「心理学に発見は無い」や、もっとざっくり「心理学の研究対象はつまらない」なんて批判がされることがあります。

 しかしながら「既に明らかになっている事柄は論文には載らない」という科学の当たり前のルールを知っているならばこの批判が妥当でないことはすぐに分かるはずです。

 では、なぜ「当たり前に見える結果」が最新論文に載るのでしょうか。

 まず一つに、近年の技術革新があります。MRIなどの医療器具を使った心理的発見はもとよりコンピュータの発達と低価格化がどんどん新たな実験方法を可能にしています。したがって「当たり前だと思っているけどいまだ誰も科学的に検証できていない真実」を明らかにする方法が生まれてきているのです。

 こういう事を言うと「やっぱり当たり前のことを確かめなおしているのか」と言われそうですが、「当たり前に見える結果」が最新論文に載る理由はもうひとつあります。

 それは、これまでに行われてきた研究に問題がある場合です。

 物理学ではたまに、「理論的には可能だが現実には存在しない」なんて表現を聞くことがあります。心理学や、他の学問でも同様ですが、実験を行う際は高度に統制された環境、つまり調べたい対象以外が影響しない環境を作為的に作り出します。それが実験室というものです。例えば心理学の実験では、参加者実験に参加している間、実験室の明かりを消すことがあります。また実験室の壁が防音になっており、実験刺激以外何も聞こえない状況で実験を行うこともあります。MRI検査を受けたことのある人なら分かると思いますが、MRIはすごい爆音の中で検査を行います。言ってしまえば「実験室は現実には存在しない場所」なのです。

 これまでの研究がそういった実験室で行われてきたために作為的に「当たり前でない結果」が生み出されていた場合があるわけです。これはどういう事というと、これまでの研究が「人間についてよりよく知ること」ではなく、「実験室にいる人間についてよりよく知ること」だった可能性があるという事です。

 つまり最新論文に「当たり前に見える結果」が出てきているという事は、心理学がより妥当性のある現実に重要なインパクを与える研究が出てきているという事なのです。もちろん当たり前ではない結果も最新論文には発表されますが、そういった「当たり前に見える結果」は心理学の妥当性を支持し、これからの人々に正しく適切な助言を与えうるものなのです。


2011/07/14のトップ3
1.トップランナー「川上美映子(作家)」
2.本当は怖いカチカチ山
3.美人時計
posted by ごとうp at 13:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | message | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月28日

エミ・マイヤーのLiveに行ってきた

 キューピーマヨネーズのCMで密かな話題になっている、音楽ファンなら押さえておきたい、エミ・マイヤーさんのLiveに行ってきました。

 青いドレスに全身を包み、ピアノの前に座る。どことなく中庸な顔立ち。いつか見たかわいらしい少女のようでもあり、近所の憧れのお姉さんという雰囲気でもある。

 バンドの構成はドラムとコントラバス。ときどきギター。

 力強さとしなやかさが組み合わされたようなタッチのピアノを弾きながら歌う。例えるなら「力強い吐息」。声はノラジョーンズなんかに近いものがあるがいわゆる癒し系とはちがう。

 聞く人をそこから動かさないまま、体にまとわりついた日常の嫌なものたちを吹き飛ばしてくれるような力強さがあるのだ。その一方で、変わることこそが自然、変わり続けることがあなたらしくいること、と勇気付けてくれるようでもある。

 中庸な顔立ちだから、てっきり外国の方かと思ったら、日本語がとても流暢。MCはほとんど日本語で行っていた。多くの曲は英語詞だが、日本語でも歌う。母親が日本人で、父親がアイリッシュドイツ系アメリカ人。幼少期から大人になるまでのほとんどをアメリカのシアトルで過ごしたらしい。

 曲調は全体的にファンタジックな印象を与え、ドラムが小気味いいリズムを刻む。ブラシも多用するため、ファンタジックな曲調に色身を加え、小さな音の粒が舞う。ときおり弓を使って引くコントラバスもいい。

 いくつもいいなと思える曲があったが、「登り坂」という曲の歌詞が印象的だった。

 「登り坂の数だけ強くなれる」

 英語詞だと、全体的にジャジーでファンタジックな音を聞かせるのに、日本語詞だと、どこか昭和臭いというか、民謡のような響きをするのも彼女の魅力だ。

 
 これからも聞いていきたいなと思える人でした。
 やっぱり生の音楽は最高です!


【関連記事】
エミ・マイヤー オフィシャルサイト(外部サイト)[URL


2011/5/27のトップ3
1.本当は怖いカチカチ山
2.マイケル・ジョーダン、米バスケットボー…
3.大学教授が大学生に薦める本100選
posted by ごとうp at 00:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | message | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月05日

“自粛”って集団うつか?

 世間では自粛ムードが大きな広がりを見せています。僕自身も正直、態度を決めかねているところです。過剰に消費を抑える必要は無いと思いますが、いつも通り騒いだり楽しんだりするのもどんなもんだろうかと。そんなことを考えていたときに乙武さんのインタビュー記事[URL]を読んで、「ああ、ひょっとしてこれは集団うつなのかもしれない」と思ったわけです。

 さきに1つだけ言い訳をさせてください。僕はうつとかそういったことに関しては専門家でも何でもありません。だから以下に書くことは僕の個人的な見解と抜き読み、盗み読み、斜め読みした知識によるものです。


 残念ながらリソースを忘れてしまったのですが、今回のような大きな震災から生き残った人たちがうつになることがあるようです。そういった人たちがしばしば口にするのが「自分だけが生き残ってしまった」「自分が死んだ方がよかったんじゃないか」という言葉です。

 震災による大きな状況の変化も手伝ってこのようなうつが重症化したり、PTSD(心的外傷後ストレス障害)になる方もいるらしく、阪神淡路大震災のときも問題になったそうです。

 こういったうつというものはあくまで対人関係の喪失によって引き起こされたり、直接被災した人が経験するものです。したがってこの手のうつは「集団うつ」ではなく一般的な「個人うつ」です。

 僕がここで言う「集団うつ」というものは、(そんなものがあればですが)知人や自分自身が被災していないにもかかわらず、「軽度のうつ」のような症状を呈する状態です。

 うつには様々な症状がありますが、僕が特に注目したいのは感情能力の低下と食欲の低下です。感情能力とは楽しいなどの感情を感じる力のことです。この感情能力を失うことの問題は、今現在楽しいと感じられないために今後何かをしてもどうせ楽しいと感じないだろうと考えることです。

 たとえば、今日あなたが恋人にふられたとしましょう。あなたの気分は落ち込んでいます。そこに何も知らない友人が「カラオケいこーぜー」なんて誘ってきても行きたいと思いますか?「どうせ楽しめないからいい」といって断るのではないでしょうか。
 うつというのはそういった状態が慢性的に続く状態です。そして、いま気乗りしないからといって活動するのをやめず、とにかく動くことが軽度のうつ状態を解消するのに役立つのです。

 世間があんまり「自粛、自粛」っていうもんだから多くの方は「そこまでしなくていいんじゃない?」と思っているかもしれません。しかしその一方で「こんな時だし」といって消費を抑えてもいるのではないでしょうか。

 これは被災した多くの映像に触れ、そのうえ世間の「自粛せよ」というムードによって、日本中が「集団うつ」にかかっているのかもしれません。もしそうだとしたらうつのもう1つの症状、食欲の低下によって、自粛ムードをさらに助長しているのでしょう。

 うつは心が体に影響を与える病気です。体が体に影響を与える場合は無理に動いたり食べたりしない方がいいですが、本来からだ自体には不調が無いうつのような場合はむしろ動いたり食べたりすることで心が回復してくることがあります。

 別にバカ騒ぎしろとは言いません。無理して動けとも言いません。けど、「こんなときに私だけが楽しくしていてはいけない」とか「どうせ今みたいな時期はうまく楽しめない」と思っているのなら思い切って動いてみると意外と楽しめるかもしれませんよ。そしてそれが日本全体や東北・関東を元気にすることにつながるのかもしれません。


2011/4/4のトップ3
1.4月3日までの関東地方の計画停電の予定
2.大学教授が大学生に薦める本100選
3.面白いメアド選
posted by ごとうp at 11:39 | Comment(4) | TrackBack(0) | message | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月28日

4月3日までの関東地方の計画停電の予定

 計画停電の対象地域が新たな区分となり、さらに各グループが5分割されて計25グループになっています。みなさん、ついていけていますでしょうか。

 まず、4月3日までの計画停電の予定時間は以下のリンクから確認できます。
 プレスリリース[URL]
 計画停電の予定を示したPDFへの直リンク[URL]

 原則としては、各時間に1〜5グループまでがそれぞれ割り振られており、その各グループのA〜Eのいずれか、またはすべての区域が停電する予定とのことです。(しない可能性もあります)

 計画停電を実施するかどうかは、予定されている時間の二時間前までに決定されるそうです。

 計画停電の予定、及び実施の決定等は、
 ・東京電力ホームページ[URL]
 ・各局のテレビ、ラジオ番組による報道
 ・新聞(各グループの時間しかおそらくわかりません。実施の決定はわからないと思われます。)
 ・計画停電専用ダイヤル 0120-925-433

 から分かります。

 とくに周りにいるインターネット環境等がないご年配の方々には、計画停電専用ダイヤルのご利用をおすすめしてください。

 東京都23区内では足立区が第4グループのBと第5グループのB、荒川区が第5グループのBに入っています。それ以外はいまのところ対象区域には入っていないようです。

 なにかほかにも気になる情報、重要な情報等ありましたらアップしたいと思います。
 微力ながら、今後も節電に努めたいと思います。
posted by ごとうp at 10:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | message | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月22日

21日から28日までの関東圏の計画停電の予定

 東京電力が28日までの計画停電の予定を発表しています。
 http://www.tepco.co.jp.cache.yimg.jp/index-j.html
 http://www.tepco.co.jp.cache.yimg.jp/images/week_schedule.pdf(PDFへの直リンク)

 今日は計画停電は行われない予定ですが、念のため最新の情報に注意してください。

 コチラの電話番号からグループと計画停電の予定について問い合わせられるようです。
 0120−925−433
 0120-925-433

 また、3月末からは計画停電のグループわけを25にするそうです。これまでも計画停電のグループに入っていながら停電しないといった混乱があったようですが、これによって利便性を高めるのが目的のようです。
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110322-00000294-yom-soci

 一日も早い復興を心から応援しております。
posted by ごとうp at 15:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | message | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

twitterのアカウント

 最近、更新頻度が低いのはちょっと気になった情報をすぐにTwitterにあげてしまっているためです。

 最近はもっぱら、地震関連情報をつぶやいています。

 こちらのブログにtwitterブログパーツを貼り付けたので→、こちらにたまに来ていただいて、チェックしていただくか、twitter上でフォローしていただけるとうれしいです。

 
TwitterPowered by Twitterブログパーツ



 一日も早い、地震からの復興を願っています。
posted by ごとうp at 14:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | message | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月16日

21日までの計画停電の予定

 新たに21日までの計画停電の予定が発表されています。


 15日から21日までの予定表

 また、以下のアドレスから各地域がどのグループに入るかを郵便番号や住所から検索できます。
 http://www.google.co.jp/intl/ja/crisisresponse/japanquake2011_power.html
 こちらは、3 月 15 日午前 0 時現在の情報を基に作成されています。

 最新の情報はコチラから。
 http://www.google.co.jp/intl/ja/crisisresponse/japanquake2011.html#tepco(グーグルサイト)
 http://www.tepco.co.jp/cc/press/11031517-j.html(東京電力サイト)
 http://www.tepco.co.jp/cc/press/index11-j.html(最新の東京電力プレスリリース一覧)


 出来る限り「計画停電」が「計画」のまま、実施されないように少しでも節電して、お手伝いできればと思います。
 
posted by ごとうp at 18:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | message | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月14日

計画停電、18日までの予定とグループ分け

 東北太平洋沖地震により、被害にあわれた方々、またそのご家族、ご友人の皆様、心よりお見舞い申し上げます。

 東京電力が発表した、計画停電に含まれる地域のグループ分けのPDFのアドレスをこちらに公開します。(3/14、15時現在)
 
 http://www.tepco.co.jp/images/tokyo.pdf (東京都:PDFへの直リンク)
 http://dl.dropbox.com/u/444064/tokyo.pdf (東京:PDFへの直リンク、ミラー)
 http://www.tepco.co.jp/images/kanagawa.pdf (東京:PDFへの直リンク、ミラー)
 http://dl.dropbox.com/u/444064/kanagawa.pdf (神奈川:PDFへの直リンク、ミラー)
 http://www.tepco.co.jp/index-j.html (東京電力のホームページ)
 
 続いて、16日の各グループごとの計画停電の予定です。

 <計画停電の予定地域>
   第3グループ 6:20〜10:00 の時間帯
   第4グループ 9:20〜13:00 の時間帯
   第5グループ 12:20〜16:00 の時間帯
   第1グループ 15:20〜19:00 の時間帯
   第2グループ 18:20〜22:00 の時間帯
 http://www.tepco.co.jp/cc/press/11031414-j.html

 続いて、16日から18日までの計画停電の予定です。

 http://www.tepco.co.jp/cc/press/betu11_j/images/110314n.pdf (PDFへの直リンク)
 けっこう見づらいので誰か作り直してほしいですね。


 PDFは今後、サーバーに負荷がかかる可能性があるのでDLをお勧めします。

 東京電力のプレスリリースより
 http://www.tepco.co.jp/cc/press/11031414-j.html
posted by ごとうp at 22:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | message | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月09日

3/9はサンキューの日。gifteeで感謝を伝えよう

 今日、3/9はサンキューの日だそうです。日頃お世話になっている人や、いつも自分のことを笑顔にしてくれる人に感謝を伝えてみてはいかがでしょうか。

 「そういえばあの人、元気かな」と思った人。相手が東京にいるならgifteeで感謝の気持ちを伝えてみるのもありかもしれません。

 gifteeとは3/1にリリースされたばかりのウェブを介したサービスサイトです。一言で説明するとこんな感じ。
giftee は、Twitter やメールで、日頃の「小さなありがとう」を簡単にギフトとして送ることができるサービスです。
オフィシャルサイトより[URL]

 またサービスの概要を詳しく紹介した動画が以下になります。

Welcome to giftee from giftee official on Vimeo.


 動画のなかではiPhoneを使用していますが、Webにつながれば携帯でも使えるようです。今はまだ東京都内のお店しか使えないようですが、これから順次広がっていくと面白いですね。


【関連記事】
gifteeオフィシャルページ(外部ページ)[URL]
情熱大陸「市原隼人(役者)」「俺も引くに引けないんで、一生役者やめないんで」
一秒で伝える大切な言葉新成人から母に「ありがとう」
情熱大陸「岩隈久志」「感謝の気持ちを、全部、私が叩き込みました」と奥さんは言う。


2011/3/8のトップ3
1.大学教授が大学生に薦める本100選
2.「むかつく!」と英語で言いたい時の表現。
3.トップランナー「川上美映子(作家)」
posted by ごとうp at 17:46 | Comment(2) | TrackBack(0) | message | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月20日

2011年のテーマ

 今年も、今年一年のテーマを決める時期がやってきました。僕としては特に意図しているわけではないのですが、ここ2、3年はいつも2月の後半にテーマを決めているようです。

 今年の初めの投稿に僕はこのようなことを書きました。
(2010年中は)1人の大学院生として、あるいは研究者として、それなりに成長も感じられ、国際的なレベルでもそれなりに評価されている(評価されうる)ことを体感することも出来ました。
[URL]

 実はこの記事を書いたとき、僕は2010年のテーマが何であったか、忘れていることにする気づいていませんでした。僕としては、その年のテーマはいつも自分の心の中においておく行動規範とするために決めているので、「これは恥ずかしい。意味がない。」と思ったわけです。

 しかしながら、実際に2010年のテーマを見返してみると、「自信を持つ」[URL]だったのです。2010年の振り返りとして上記のようなことを書いたわけですが、気づかぬうちにちゃんと2010年のテーマを達成していたのだなと感じました。やはりテーマを毎年決めておくのはいいものだと改めて(自分のブログに)思い知らされたのです。

 さて、あらためて過去7年(!!)のテーマを振り返って見ますと、
 2004−2005のテーマは「勉強に片思い」
 2005−2006のテーマは「大人の階段上るFeaturingH2O」
 2007のテーマは「自分発見」
 2008のテーマは「愚痴を言わない、悪口を言わない、嫉妬しない」
 2009のテーマは「限界の五歩先まで行く」
 2009後半のテーマは「昨日より一歩前へ進む」
 2010のテーマは「自信を持つ」といったものがありました。

 そして、2011年のテーマは「感謝する」としたいと思います。

 これまた当たり前のことのように思われるかもしれませんが、実は僕はあまり得意ではありません。感情表現がうまくないのもあるし、タイミングを逃してしまうのもしばしばです。
 2010年の記事の中[URL]の長期目標でも
「人とのつながりをもっと真剣に、つないで、太くして、大事にしていこうと思います」
ということを述べていますが、今年はこれを一歩、押し進めたいと思います。

 行動レベルとしては、感謝の気持ちをちゃんと表現する。なるべくはやく感謝の気持ちを伝える。恩に報いる。感謝される人になる。といったところでしょうか。

 「感謝される人」とは一見矛盾しているように思えるかもしれませんが、人に感謝されることで、感謝することの重要性や、感謝の適切なタイミング、方法といったものも見えてくるかもしれません。なにより、感謝されて嬉しい気持ちになることで、「自分ももっと人に感謝したい」と思うことでしょう。いっそ「あなたに感謝されたことに感謝します」と言われるくらいのつもりで。

 もし「僕/私に感謝し忘れてないか?」と思う方がいらっしゃいましたらぜひご一報ください。そのことを教えてくださったことに対してまずは感謝したいと思います。


【関連記事】
2010年のテーマ
2009年後半のテーマ
今年のテーマ(2009)
2008年以前のテーマ
トルストイ、18歳の「人生のルール」


2011/2/19のトップ3
1.旅に行くときに気をつけるべき6つのこと
2.新聞は読んだほうがいいかもしれない―エ…
3.トップランナー「川上美映子(作家)」


 来年こそは「自分から挨拶をする」を目標にできるかなー。
posted by ごとうp at 19:58 | Comment(4) | TrackBack(0) | message | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月18日

旅に行くときに気をつけるべき6つのこと

 前回の記事に珍しくいくつかのコメントがついて、しかも珍しい人たちからのコメントでなんだか嬉しくなったのでブログを更新します。(といっても内容は関係ないけど)

 いま僕は諸事情あってオーストラリアに二週間滞在しています。考えてみると、知り合いが誰もいない土地に一人で来るのが初めてでいくつかの教訓を得たのでそれを紹介したいと思います。

1.ガイドブックは日本で買っておくべし
 今回僕がいる町はそんなに有名なところではなく、どのガイドブックを見てもあまり大きくフィーチャーされていませんでした。なので図書館で借りようと思っていたのですが、あまりに直前で結局借りられず。数ページのために数千円を出すのは馬鹿らしいと思って結局買わずにきたのですが、かなり後悔しています。。。
 まず地図がないのでどこに行くにもネットで調べ、町で地図を探しての連続で、これだけで相当時間をとられています。そして、こっちでガイドブックを買おうにも英語のものの多くは文字ばかりであまり読む気になりません。ガイドブックのお金はケチることなくとりあえず買っておくことをお勧めします。

2.両替は日本でしてはならない
 これも今回の旅まで知らなかったのですが、日本での両替(国内の空港を含む)はレートが高くつくことが多いようです。現地の免税店<カジノ<ショッピングモール等に出店している両替所<現地の銀行<現地の空港<国内の空港の順くらいでレートがいい模様です。現地ですぐ必要になる、という気持ちは分かりますが、できる限り大きな額は現地で両替しましょう。

3.クレジットカードの暗証番号はかならず覚えておくように
 これも今回の僕のたびをかなり苦しめています。オーストラリアのレートが思っていたよりも高かったために現金をあまり手に入れることができずけっこう苦しんでいます。オーストラリア国内であればいたるところにATMがあるので、クレジットカードの暗証番号さえ分かればどこにいても現金を引き出すことができます。そう、僕は自分のクレジットカードの暗証番号が分からないのです。。。

3.5.さもなくば両替は惜しんではならない
 あなたがもし、使うべきをかなり正確に予測できるタイプだったり、大きな額を持ち歩くタイプの人間なら無視してください。
 僕は「万が一現金が足らなくなったらどうしよう」と不安になるタイプなので、できる限りクレジットカードの生産で今はしのいでいます。

4.腕時計は持っておいて損はない
 あなたが日本では腕時計はせず、携帯で時間をチェックするタイプの人なら特にお勧めです。海外で使わない携帯を時計代わりのためだけに持ち歩くのは意外と面倒だったりします。それに、海外で充電等を行うのも厄介なこともあるでしょう。
 腕時計なら場所もとりませんし、いつでも時間をチェックできます。ちなみに高価なものは危険なのでなるべくやすくて、最悪なくしてもいいようなものを持っていきましょう。

5.常備薬は持っておくべき
 慣れない土地で思わず体調を崩すこともあります。飲みなれている風邪薬、整腸剤、下痢止め、酔い止め(必要であれば)くらいは持っておくといざというときに助かります。現地の薬は入手が難しかったり、体に合わないことがあります。

6.旅は出発前から始まっている
 これもよく言われることですが、できる限り日本を出発する前にプランを立てておきましょう。それもできる限り決定事項としておくことをお勧めします。「あれもしたいな、これもしたいな」程度では行ってから改めて選択肢を見直し、検討し、決定するプロセスが必要になります。特に海外に行く場合はインターネットへのアクセス等が難しい場合もあるので、できる限り紙に自分の予定を出力しておくことをお勧めします。


 いかがでしょうか。他にも皆さんが旅に行く際に気をつけていることがあればぜひ教えてください。


2011/2/17のトップ3
1.「風邪が治る気配がいっこうにない」の「…
2.本当は怖いカチカチ山
3.「むかつく!」と英語で言いたい時の表現。
posted by ごとうp at 22:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | message | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月13日

新聞は読んだほうがいいかもしれない―エジプト革命に思う

 いま韓国のインチョン空港から書いています。驚くほどきれいですね。そして当然のようにインターネットが使えます。成田空港、相当まずいですよ。

 それは、さておき。インチョン空港に来る機内の中で新聞のサービスがありました。普段一般紙は読まないのでいい機会だと思って毎日新聞を手に取りました。

 驚いたのは一面から六面までエジプト革命(ホワイト政変)の記事で埋め尽くされているのです。ぼくは普段ニュースはネットからしかとらないのでその取り扱い規模、情報量の違いに戸惑いを覚えました。

 日本においてはインターネットはいかなる情報も得ようと思えば平等に得ることができます。しかしながら得ようと思わなければほとんど得ることもできません。

 一方新聞というのは、各社のバイアス(偏り)を通して、今知るべき情報を伝えてくれます。しかも、一面の情報が最も重要でページをめくるごとにその情報の速報性、重要性が相対的に減少していくことを、身体的に、あるいはタンジブルに知ることができます。

 人は新聞に対する速報性の疑問とか、各社が持っているバイアスに懐疑的な意見を持っているかもしれません。しかし所詮情報の収集というのは各人のバイアスを通して行われるものです。

 普段インターネットでは自身のバイアスを通して自由に(しかしながら自分の能力の及ぶ範囲で)情報を得ることができます。一方、新聞というメディアは他人のバイアスを通して、自分の能力、あるいは興味の及ばない範囲にまでわたって、情報を与えてくれるものなのだと久しぶりに一般紙を読んで痛感しました。

 エジプト革命が18日に渡って続いたこと。当初はいくつかの暴力が存在したこと(何名かの方が残念ながら命を落とされています)。やがて家族連れも見受けられるほどのお祭り騒ぎへと変化していったこと。大統領の辞任が一時は確実になったが、大統領自らの辞任拒否演説により退陣が予想されていたよりむしろ早まったこと。30年にわたる独裁からの脱却であり民主化への動きが期待されていること。そして地元各紙は大統領辞任にいたるまではかなり大統領に有利な報道をしていたが、辞任後は「自由」な報道が行われたことなどがかかれていました。

 ちなみに、毎日新聞ではかなり平和な革命であることが強調されていましたが、朝日新聞ではいくつかの暴力が存在したことも伝えていました。

 こういったことは、僕はインターネットを通じてはほとんど得られなかった印象です。

 インターネットという自由で能動的なフィルターと、新聞(あるいは紙面によるまとまった情報を提供する雑誌等)という他人に作ってもらった受動的なフィルターの二種類を効果的かつ効率的に利用することが必要なのかと感じた次第です。


2011/2/12のトップ3
1.トップランナー「川上美映子(作家)」
2.マイケル・ジョーダン、米バスケットボー…
3.逆チョコをあげる5つのメリット
posted by ごとうp at 18:30 | Comment(6) | TrackBack(0) | message | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。